トップ > スポンサー広告> 旧・アフィリエイトの始め方 > 【4日目】どのASPからはじめようか?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
--/--|スポンサー広告 掲示板||TOP↑
こんないっぱいあんの?

では、今日も頑張っていきましょうか。今日は【1日目】にもちょびっと触れましたが
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)への登録です。
正直こっからがややこしいんですよね。ざっと調べてみたのですが有名どころだけでも
LinkShare(リンクシェア)・JANet(ジャネット)
AccessTrade(アクセストレード)A8.net(エーハチネット)
・Traffic Gate(トラフィックゲート)・GoogleAdsense(グーグルアドセンス)
・ValueCommerce(バリューコマース)・BannerBridge(バナーブリッジ)
・電脳卸(デンノウオロシ)・その他いろいろ

と10個以上は軽くあるみたいです。 


4.どのASPからはじめようか?
じゃぁどうしようか?
単純に頭使って攻めるなら、それぞれのASPを自分で調べて、
①そのASPが何に特化してるのかとか、
②利益還元率がどれほどのもんかとか、
③そこに登録する事でどんな利点があるのかとか
を一通り比較・研究した上で、条件の良いものから順に登録していくのが正攻法かと。
それに広告のバリエーションや高利益率を求めるならいいとこから順にかたっぱしから登録してくのが質、量ともに効率的なのは言うまでもないでしょうし。

で、一応上に挙げたもののサイトをさらっと見て回ってはみたのですが、初めての僕にとってはぶっちゃけどれから登録したらいいのかさっぱりわかりません。初めてチューする時に目をどのタイミングで閉じればいいのかわからないくらいわかりません。
それぞれのサイトを訪れて説明書き読んでるだけでやる気をなくしてしまいそうです。

そこで思ったんですが、
そもそも最初からいくつも登録する必要ないんでないのか?と。

だって初っ端からそんな欲張っても、まず儲からないのは目に見えてるじゃないですか。
なぜならアフィリエイトは
①お客さんが見てくれて、
②クリックしてくれて、
③その先でなんらかのアクションをしてくれた結果、
④報酬がもらえちゃう

ってシステムですよね。始めたばっかりでお客さんもそんなに来ないのに商品だけ大量にならべたって意味ないっしょ。無人島にファミレス作るようなもんです。
だから、むしろ最初から諦めちゃってるくらいの気楽さでやった方が疲れなくていいんじゃないかと僕なんかは思うのです。というのも、さっき実際2~3ほどASPのサイトを見てきて

やってられるか~!

5分でめんどくさくなりました。

アフィリエイトのノウハウ書いてるサイトさんなんか見てると「登録してバナー貼るだけ、簡単でしょう?」みたいな事がさらりと書かれてたりするんですが、僕の頭が悪いのかどうなのか、実際読んでみたところで「月何十万?イメージ湧かねぇ~」てな感じなのです。

なので最初は「こんなの儲からねぇっての。でも1000円くらい儲かったらラーメンと餃子くらいなら食べれるかも」くらいの軽い気持ちでやってった方が気楽でいいと思うのです。

そこで、まず登録するASPは一つに絞ってしまおうと思います。
いろいろやってもど~せわかんないし。あとは慣れてからやりゃぁいいんです。

そこで初心者にも比較的入りやすいASPを絞り込むべく巷のノウハウサイトさんを読みあさってみたのですが、どうやら
A8.net(エーハチネット)
LinkShare(リンクシェア)
電脳卸(デンノウオロシ)
なんかが俗に言う初心者向けのASPらしいです。

今回はとりあえずこの中からA8.netさんを選んでみちゃおうと思います。

理由は、
・審査がない(一応あるみたいなんですが真っ白のブログでも通りました)
・楽天と提携できる(楽天アフィリエイトだとポイント報酬なのがA8.net経由だと現金報酬)。
・業界最大手(広告主、アフェリエイトサイト共に登録数が業界NO.1だそうです。)
つまり簡単に言うと一番お手軽かつビッグで安心みたいな感じなのです。

では、さっそく登録してみます。
1.例によって約款等々に同意し、
2.名前住所口座番号その他諸々の必要事項を記入します。
3.んで「申し込む」ボタンをポッチン。
4.そしたらソッコーでメールが返ってきて登録完了。

ホンマにあっさりです。

んでメールからトップページに入って、自分で決めたIDとパスワードを使ってログインします。後はいろいろ読んでみて自力でやってみるしかないっぽいですな。
プログラムに申し込むだの、審査を待てだの、広告リンクを生成するだの、それを貼っつけるだのいろいろめんどくさそうですが、とりあえずはこれで自分の好きな商品を楽天さんから探して自分のブログで紹介したりできるようになったみたいです。

これで一応アフィリエイトを始められる状態にまでもってこれました。
あとは必死で商品載せたり、アクセスアップに力入れたり、いろいろやってくと「わ~い500円もろた」みたいなことがポロポロとあったりなかったりするんでしょう。

でもまぁ儲かる儲からないは別として、とりあえずは気楽ぅ~な感じで読んでて面白いような、そんなブログにしてこうと思います。

絵日記風のアフィリエイトブログなんて他にあんまないだろうしね。

【5日目】実際にやってみる。

スポンサーサイト
 
 
06/22|旧・アフィリエイトの始め方 掲示板CO:0TB:0TOP↑

 
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
 
 
サイドメニュー
サイドメニューは押したら下にビョーンて出ます。いろいろとポチポチして遊んでみて下さい。
 

飽きないための付加価値一献
絵日記やりながらついでに稼いでみようと只今アフィリエイトに挑戦中。
 
あれこれやってみた結果、月1万以上は余裕で稼げるくらいになってきました。そこでこれまでに得た「ついでに稼ぐ」ための知識を、折角なのでブログにまとめました。
 
元々「ブログで月20万稼ぐ主婦」という雑誌の記事に触発されてアフィリエイトを始めた僕ですが、今のところさすがに20万とまでは行きませんが月2~3万はコンスタントに稼げてます。実際好きでやってるブログで月2~3万稼げるようになってきたらブログはかなり楽しくなります
 
さらに毎月ちょっとリッチな食事に行けたり、欲しいもの買えたり、生活費に微妙にゆとりがでたりと現実的なメリットも大きいです。
 
アフィリエイトタダでできるので「ついでに稼いでみよう!」という方は是非読んでみて下さい。
 
阿呆の僕でもできるくらいです。真剣にやったら誰でもできます。ただ、最初に色々調べたり覚えるのが少し面倒です。なので僕がやりながら覚えた基本的なことや、細々した知識や稼ぎ方を読めばわかるようにまとめました。
まずは月1万!アフィリエイトでしっかり稼ぐ知識が詰まってます。詳しくは「稼ブログ」で
 
こんなもん読めるか~!って方は下に「3分でわかるアフィリエイトの始め方」を載せておいたので、そっち見て下さい。
 

 
 

3分でわかるアフィリエイトの始め方。
 
 

書けば報酬のレビュー型の始め方。
 
 
 

カテゴリー別アーカイブ。

 
 

月別アーカイブ

 
 

僕について。

 
 

リンク兼アンテナ(別窓)

 
 

僕のよく使ってるサイトとお買い物リンク集。

 
 
言わずと知れた大手ショッピングポータル。
何でも売ってます。
 
 
売れてるモノがランキングでわかる。
そして買える変わったサイト
 
 
オシャレなモダンアジアン家具専門店。
個人的にかなりオススメ。
 
 
インテリアはカーテンとラグから
始まると言っても過言ではあるまい。
 
 
ここのタオルはすごくいい!
ホテル仕様のタオルがオススメ。
   
 
視覚的に購買意欲刺激系です。
こーゆーシンプルモダンデザインに弱いのです。
 
All About スタイルストア
「ココロも満たす、感情品質。」
オッサムイチオシの色々売ってるお店です。
 
 ZOZOTOWN(ゾゾタウン)
僕愛用のショッピングモールサイト。
見るのが楽しい。買うのも楽しい。
 
 
100ブランドが常時90%OFF~(ウホッ
毎日がバーゲンです。ビックリするほど安いです。
 
 
こだわり=イズム(主義)がコンセプト。
見ればその意味も納得の個性派ショップサイト。
 
 
これほどイカした靴下屋さんもあるまい。
5本指ソックスがオススメです。
 
 
みんな知ってるマツモトキヨシ。
マツキヨポイント貯まりまくり。お得だす。
 
 
みんな知ってる?イーブックオフ。
CD,DVD,ゲームソフトが105円~!
 
 
ドコモユーザーなのでよくわからんのですが
ネットで申し込むと安いそうです。
 
 ウィルコムストア
通話し放題です。二台で付き5千円。
けど買ったときしか話さない罠。。。
 
  iTunes Music Store(Japan)
音楽ダウンロードの定番。
欲しい曲はここで探せと、そして落とせと。
 
 楽天トラベル株式会社
「そうだ!京都へ行こう!」と思ったらココ。
で、僕を呼んで下さい。暇だったらご案内します。
 
 
「そうだ!京都で飲もう!」と思ったらココ。
で、僕を呼んで下さい。奢りならすぐ行きます(コラ
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。