トップ > スポンサー広告> 映画を観ました > 『硫黄島からの手紙』を観ました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
--/--|スポンサー広告 掲示板||TOP↑

映画を観ました 硫黄島からの手紙

2006年 監督:クリント・イーストウッド
 
 

 
硫黄島からの手紙を観ました。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

なんやろう、涙でた。
 

国をかけて殺し合う。今を生きてる僕には想像もつかない世界です。
 
街中ではすごく身勝手な理由で刃物で意味もなく人を切りつけるような事件が起こったりしてますが、そんな人の気持ちもこの映画で戦争をしている人の気持ちもわからない。自分がもし、戦時中、こんな状況下に置かれたら、まともに動けるのかすら不明です。ガタガタ震えてうずくまってるのが精一杯な気がします。
 
毎日食べたいもの食べれて、ぐっすり眠れる家があって、会おうと思えばいつでも会えるところに家族がいる。
 
銃声なんて聞いたこともないし、人が目の前で死ぬのも見た事ありません。ニュースでは毎日殺人事件とかテロとかいろいろ他人事みたいに淡々と流れてるけど、そこにリアリティを感じられないほど鈍感に平和に自分は暮らしているんだと思うと、なんとも言えない気持ちになりました。

戦争の話を見ると、じいちゃんのことを思い出します。じいちゃんはよく昔のことを教えてくれました。カボチャしか食べるものがなかったからそればっかり食べてたら体がカボチャみたいな色になった、とか。爆撃機が機関銃打ちながら飛んできて死ぬかと思った、とか。鉄砲うったら体がグワーンてなって全然当たらへんかった、とか。笑いながら話してたけど、そんな時代を生き抜いたんだからやっぱりすごいなぁと思います。
 
幸い、じいちゃんは召集された直後にすぐ終戦を迎えたそうで、無事に生きていてくれたおかげで今の僕がいるわけです。今生きてる人は、みんなほとんどが親とか祖父母が生きていてくれたおかげで今いるわけで。
 
わかんないけど、もしかしたら、この時じいちゃんが僕のじいちゃんになる前にいなくなってたかもしれない。僕が生まれた時には当然のようにじいちゃんがいて、いっぱい遊んでもらったりしたけど、それももしかしたら全部なかったかもしれない。
 
そんないろんな事考えて、小1時間ほどなんだかシリアスな気分になりました。
 
映画自体はすごくよかったです。僕のような日頃からのほほーんと生きてる阿呆が論評すること自体おこがましいような気がするのであんまり書かないけど。「生き様」っていうある種の美学がこの映画の中には描かれていると思います。面白い、というよりはジッと見入ってしまうような感じ。観て損はないと思います。
 

硫黄島からの手紙(初回生産限定)
舞台は1944年6月の硫黄島。5日で終わると思われた日米両国の戦いは、36日間にもおよぶ歴史的な激戦となる。クリント・イーストウッド監督が、日本軍の視点から硫黄島戦を描いた問題作。
 
わー、しかしなんか真面目なこと書いたなぁ。
でもこーゆー話、ちゃんと皆が見て知って考えた方がいいと思うわ。たぶんそろそろ『火垂るの墓』とかもテレビでやる頃だと思うけど。食べるものも満足にないのに殺し合いしなきゃいけないような理不尽な時代があって、んで現代は食べるものには事欠かないけど心ん中はすごく殺伐としてたりして。
 
何が問題で、どうすりゃいいのか。永遠の命題なんだろうけど、僕は楽しく満足に暮らしていければそれでいいなと思う。衣食住が確保できて、大好きな人に囲まれて暮らせたらそれは最高に幸せですもん。仕事がキツイとか多少イヤな事があっても我慢できる。し、辛いのとかしんどいのとかって当たり前のことなわけで。そのフラストレーションを他人にぶつけるくらいなら、他のことで満たされたいと願う昨今。
 
とりあえずロンリー抜けんとな(←そこかーい
 
 
人気ブログランキング
「明日もがんばろー。」
 
FC2ブログランキング
 

スポンサーサイト

 
 
08/05|映画を観ました 掲示板CO:4TB:0TOP↑

 
何かメッサ更新が頻繁になった気が・・・

戦争ものって考えさせられることが多いですね
いつも見てからもやもやするものが残って
後悔と言うかなんというか、すっきりしないんですが、
きっとそういう気持ちが大事なんではないかと。
ホントに他の国の戦争や、人の亡くなるような事件が、
何も感じなくなってしまったら怖いなとちょっと思いました。
From: 雨夫 * 2008/08/05 12:30 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008/08/05 13:37 *  * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2008/08/05 18:50 *  * [Edit] *  top↑
8月に戦争のことを考える
若者がいると
心強いと思う
わたしも戦争を知らない子供たちのひとりだけど
いろんな人の体験とか聞くと
くり返しちゃいけないことだと思います
だって犠牲になるのはいつも
戦争を始めた人ではなくて
ぜんぜん関係ない子供や一般人だもの

おすすめの映画観ようと思います
From: ミユキ * 2008/08/07 12:26 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
 
 
サイドメニュー
サイドメニューは押したら下にビョーンて出ます。いろいろとポチポチして遊んでみて下さい。
 

飽きないための付加価値一献
絵日記やりながらついでに稼いでみようと只今アフィリエイトに挑戦中。
 
あれこれやってみた結果、月1万以上は余裕で稼げるくらいになってきました。そこでこれまでに得た「ついでに稼ぐ」ための知識を、折角なのでブログにまとめました。
 
元々「ブログで月20万稼ぐ主婦」という雑誌の記事に触発されてアフィリエイトを始めた僕ですが、今のところさすがに20万とまでは行きませんが月2~3万はコンスタントに稼げてます。実際好きでやってるブログで月2~3万稼げるようになってきたらブログはかなり楽しくなります
 
さらに毎月ちょっとリッチな食事に行けたり、欲しいもの買えたり、生活費に微妙にゆとりがでたりと現実的なメリットも大きいです。
 
アフィリエイトタダでできるので「ついでに稼いでみよう!」という方は是非読んでみて下さい。
 
阿呆の僕でもできるくらいです。真剣にやったら誰でもできます。ただ、最初に色々調べたり覚えるのが少し面倒です。なので僕がやりながら覚えた基本的なことや、細々した知識や稼ぎ方を読めばわかるようにまとめました。
まずは月1万!アフィリエイトでしっかり稼ぐ知識が詰まってます。詳しくは「稼ブログ」で
 
こんなもん読めるか~!って方は下に「3分でわかるアフィリエイトの始め方」を載せておいたので、そっち見て下さい。
 

 
 

3分でわかるアフィリエイトの始め方。
 
 

書けば報酬のレビュー型の始め方。
 
 
 

カテゴリー別アーカイブ。

 
 

月別アーカイブ

 
 

僕について。

 
 

リンク兼アンテナ(別窓)

 
 

僕のよく使ってるサイトとお買い物リンク集。

 
 
言わずと知れた大手ショッピングポータル。
何でも売ってます。
 
 
売れてるモノがランキングでわかる。
そして買える変わったサイト
 
 
オシャレなモダンアジアン家具専門店。
個人的にかなりオススメ。
 
 
インテリアはカーテンとラグから
始まると言っても過言ではあるまい。
 
 
ここのタオルはすごくいい!
ホテル仕様のタオルがオススメ。
   
 
視覚的に購買意欲刺激系です。
こーゆーシンプルモダンデザインに弱いのです。
 
All About スタイルストア
「ココロも満たす、感情品質。」
オッサムイチオシの色々売ってるお店です。
 
 ZOZOTOWN(ゾゾタウン)
僕愛用のショッピングモールサイト。
見るのが楽しい。買うのも楽しい。
 
 
100ブランドが常時90%OFF~(ウホッ
毎日がバーゲンです。ビックリするほど安いです。
 
 
こだわり=イズム(主義)がコンセプト。
見ればその意味も納得の個性派ショップサイト。
 
 
これほどイカした靴下屋さんもあるまい。
5本指ソックスがオススメです。
 
 
みんな知ってるマツモトキヨシ。
マツキヨポイント貯まりまくり。お得だす。
 
 
みんな知ってる?イーブックオフ。
CD,DVD,ゲームソフトが105円~!
 
 
ドコモユーザーなのでよくわからんのですが
ネットで申し込むと安いそうです。
 
 ウィルコムストア
通話し放題です。二台で付き5千円。
けど買ったときしか話さない罠。。。
 
  iTunes Music Store(Japan)
音楽ダウンロードの定番。
欲しい曲はここで探せと、そして落とせと。
 
 楽天トラベル株式会社
「そうだ!京都へ行こう!」と思ったらココ。
で、僕を呼んで下さい。暇だったらご案内します。
 
 
「そうだ!京都で飲もう!」と思ったらココ。
で、僕を呼んで下さい。奢りならすぐ行きます(コラ
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。