トップ > スポンサー広告> 食べたり飲んだり > 酒峰加越 朱の吟

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
--/--|スポンサー広告 掲示板||TOP↑
皆さんこんにちは。
机の角で脇腹を強打したにもかかわらず、その場は何事もなかったかのように装い、
後でトイレでこっそり悶絶する
マッコイ屋店長オッサムです。
 
酒峰加越 朱の吟(あかのぎん)
 720ml 3,150円(税150円)
今回はそんな僕のオススメのお酒、その名も 酒峰加越 朱の吟 のご紹介。
 
さらっとした口当たりに、おだやかな辛口。文句なしの名酒です。
1日の疲れを癒す晩酌に。
大好きな人との素敵な時間を過ごす晩酌に。
眠れない夜ベランダから空なんかを眺めちゃったりして晩酌に。
・・・別に晩酌じゃなくてもいいのですが、このお酒は是非、晩酌で飲んで頂きたい。
というのも僕は晩酌に対しては人一倍こだわりを持ってまして・・・
 

晩酌は大人の憩いなのであります。
何と言いますか、二十歳を過ぎ、段々とこう大人の階段を登っていくとですな。
「世の中って甘くないなぁ」と思うわけですよ。
 
街中歩いてたらすんげ~カワイ子ちゃんの隣にとんでもないゲス野郎が並んでたり、
信じられないくらい理不尽な事で罵倒されたり
頑張っても頑張っても評価されなかったり、いろいろいろいろ。
 
「世の中間違ってる!なんとかしろコノヤロー!」
神様に向かって叫びたくなるような事がしょっちゅうあったりするのです。
 
自分で言うのも何なのですが、僕は本当に恵まれた環境に生まれ育ってまして、
生まれてから大学を卒業するまで苦労と呼べるような苦労をしたことがありませんでした。
やれば大抵のことは人並み以上にできたし、それなりにモテたし、友人もいっぱいいたし、もう毎日がパラダイスだったのです。
 
人間というのは本質的に怠惰な生き物です。
そんな恵まれた環境の中で育つと大概世間知らずのダメ人間が出来上がります。
当時苦労知らずの僕はまさに全日本ダメ人間代表
絵に描いたような阿呆でした。
 
そしてそんなダメっぷり満載のまま社会という戦場に飛び出していったのです。
 
言ってみれば戦車とかでドンパチやってるところに水鉄砲で突撃したようなもの。
さらに言えば大相撲の土俵に海水パンツで上ってしまったようなものです。
 
そこはまさに戦場。
学生気分で世の中をナメてるような馬鹿は5分で淘汰されます。
想像を絶するような修羅の世界でした。
 

ジャスクの一言

リンをさらって修羅の国に渡ったジャスクも元斗皇拳のファルコにこう言っています。
「この地は一切の弁明もきかぬ地獄であった」 ※『北斗の拳』より ※
 
・・・全然関係ないですが。
 
とにかくそれまでに学んだ事など1ミリも役に立たないシビアな世界だったのです。
ダメなやつは落ちこぼれていく。できるヤツだけ登っていける。
がんばらない人はいつの間にかいなくなってる。がんばる人だけが成功していく。
 
かの有名な自然科学者チャールズ・ロバート・ダーウィンも言っています。
「この世界は適応できるもののみが生き残っていくようになってる」
 
弱肉強食、適者生存。実にシンプルです。
 
22年も生きて世の中に出てみて初めて、日本の義務教育や大学で勉強する事がいかに役に立たない的外れなことか、というのを知ることになるのです。
 
そして同時に社会人になった僕は悟ります。
 
「・・・しゃ、社会は甘くねぇ。これは戦争だ・・・」と。
 
アドバイスと言うと「お前何様やねん」という感じなのですが、今学生さんの人は、勉強なんてほどほどにしといて将来について真剣に考えた方がよほど有意義です。自問自答するもよし、友達と語るもよし、答えなんて出なくても前向きな発想を持ち続けているかいないか、それだけで勝つか負けるかハッキリと別れてきます。
 
数学も古典も化学も生物も考古学も哲学もハッキリ言って何の役にも立ちません。
どうせ勉強するなら毎日新聞読んで英語の勉強をしっかりした方がいいです。
学校の勉強なんてそれなりにできりゃぁいいのです。
 
それに専門職につくのでない限り、
大学なんて遊びにいくためだけのところだと思った方がいいでしょう。
四年間もムダに過ごした僕が言うんですから間違いないです。
 
なのでどうせ遊ぶなら中途半端に遊ばず徹底的に遊んでください。経験は武器になります。
勉強は中途半端でいいです。大して役に立ちません。
むしろもっと実際に役に立つことを考えて身につけた方が後の人生確実です。
 
・・・って何の話かわからなくなってきましたが。

甘くないよ
そう社会は甘くないのです。

 
思うに社会人というのはもう苦難の連続です。
初めてやることなんてそれこそ毎回一輪車で綱渡りするような感覚で立ち向かっていかなきゃなりません。しかも失敗は許されない。
「誰か助けてぇ~」と叫んでみたところで誰も助けてなんてくれません。
分らないことは自分で調べる。自分から聞く。これが基本です。
自分から行動できない人はおのずと邪魔者扱いされていきます。
 
人間は自己中心主義、社会は自己責任主義。
人の失敗をほくそ笑み、自分の成功だけのために手段を選ばず邁進する。
 
悲しいかなこれが現実です。
 
泣き言なんて言ってられないし甘えなんて許されません。
いかに誰よりも強くたくましく生きぬいていくか。
これがこの世の中を生き抜いていくためには必要不可欠なのです。
 
そしてそのためには気合入れて毎日を乗り越えていかなきゃならない。
 
そう、大人は大変なのです。
 
みんな平気そうな顔して生きてるけど、
ホントはそんな苦難に満ちた毎日を歯食いしばって生きてるのです。
 
そんな大人の皆さんにひとこと言いたい。
「わかるよ~。ホンマにお疲れさん。明日も頑張ろね(´Θ`)」
 
・・・とのっけから晩酌の話とは全然関係ないとてつもなくシビアな話をしてしまいました。前置きが長いのは僕の悪いクセです。
 
下手したら長すぎてここまで誰も読んでないんじゃないかとちょっと不安になってきました。
 
ただ、もうちょっとだけ我慢して下さい。
晩酌の話にたどりつくまでもう少しだけ語らせて下さい。
てかぶっちゃけ晩酌の話なんぞどうでもいいでしょうが聞いて下さい。
 
話がそれていくのを今頭の中で必死に修正してるところです。
 
そもそも、まずどうしてこんなに長々と大変談をしたかと言うとですな。
 
僕が初めて就職した前の職場が、ほんともうシャレにならないくらいとんでもなく厳しいところだったのです。僕と同期で入った新卒は14人いたのですが、あまりの激務っぷりに入社三ヶ月でたった2人に、半年後に残ってたのは僕1人という惨状でした。
 
給料は出来高制。営業成績がよければよいほど沢山もらえるシステムです。
つまり頑張らないと雀の涙ほどの基本給しかもらえません。
仕事のできない人、頑張らない人には「死ね」と言ってるのと同じようなもんです。
そこにいる限り必死で働かないと生きてさえいけません。
 
そして週の半分は終電で帰る生活。
さらに運が悪いと深夜1時に社長に無理矢理キャバクラに呼び出されます。
なまじ頑張ってると逆に気に入られて、ねぎらいのつもりなのかなんなのか深夜にやたらと夜の街を連れまわされるのです。
えぇ~、いいな~!キャバクラ!と思う方もいるかもしれませんが、はっきり言って22歳やそこらでキャバクラなんて行っても楽しくもなんともないのが本音です。
 
同世代、下手したら年下の全然知らないそれほどキレイでもない女の子にお酒入れてもらっても嬉しくもなんともありませんし、僕についてくれる子も、どうせこんな若いやつに頑張っても金持ってねぇだろうしどうでもいいや、みたいな感じなのです。
むしろ変に話しかけられる方が苦痛です。
 

キャバクラにて

 
顔がメチャクチャ可愛かろうがオッパイが大きかろうがパンツが見えてようが
深夜1時まで働いてる僕にとってはとにかく早く帰って寝たいのです。
 
たまに必死で楽しませようと話をふってくれる子とかもいるのですが、僕からしたら眠くてそれどころじゃありません。 きっとすごいいい子なんでしょうが、申し訳ないことにクタクタに疲れてる上にお酒まで入ってる状態で、ふってもらった話に食いついていけるほどの余裕がもはやないのです。
かといって眼前には社長が座ってるもんですから、どっぷりリラックスして眠ってしまうわけにもいきません。気を使って気を使って、可愛い子が来たら社長の方に座るようにさりげなく誘導して、自分はあたかも楽しんでるかのように振舞わなくてはならないのです。
 
それが社会であり会社というものです。
 
あぁ、思い出したら涙でてきた。
深夜3時に祇園に1人放り出されて、サウナで酒抜いて仮眠して朝また出勤する苦痛。
そんな思いしてまで飲まなきゃいけない高級酒。
キャバクラで飲む高級ワインより
深夜の公園で飲む自販機のコーンポタージュの方が美味いんです
 
・・・なんだか愚痴っぽくなってきましたが、そんな経緯がありまして、
家でしっとりと落ち着いて飲める晩酌には熱い思い入れがあるのです。
 
むしろその職場にいた頃は晩酌が生きがいでさえあったほどです。
 
「これが終われば家に帰って酒飲んで寝れる」
毎日心の中でそう繰り返しながら必死で働いてたもんです。
今思えば、よく耐えてたなぁと思います。
 
・・・とまた話がそれてしまいました。
 
そう、そこで晩酌なのです。
1日の終わりを締めくくる、一人の贅沢な時間。
社会という戦場で1日生き抜いた自分にあげるささやかなご褒美。
 
グラスと氷を用意してソファーなんかにふか~く腰を沈めて
「あ~今日も頑張った、俺」とか言いながらお酒をついで、ボンヤリする瞬間のこの至福。
 
しかし、晩酌と言ってもただ飲めばいいというわけではありません。
お酒を嗜むにはいくつかの鉄則があります。
「ただ家に帰って飲めばいいんじゃねぇの?」と思ってる方。
 
甘いです。
 
それじゃぁ一流の晩酌ニストにはなれません。
晩酌をするからには飲み方にまでこだわるのです。それでこそ一流です。
 
バカバカしいですが
「あぁ、俺ってば今晩酌しちゃってるよ~。なんか癒され」
どっぷり自分の世界に浸ることが大事なのです。
 
ここからが大事ですよ~、ノートを取るなら今からですよ~。
 
鉄則その① 嫌なことを考えてはいけない。
お酒というのは往々にしてその時の感情を増幅させてしまうものです。
凹んでる時に飲むとますます凹みますし、楽しい時に飲めばますます楽しくなれます。
失恋した時なんかにヤケ酒をする人をよく見かけますが、あれはむしろ逆効果です。
そもそも飲んで忘れられるくらいなら失恋とは言いません。
僕も失恋した人に付き合って飲んであげることがしばしばありますが、
大抵の人は飲めば飲むほど悲しくなってきて、しまいには泣き出します。
泣き上戸ならまだしも、たまに暴れ上戸の人とか絡み上戸の人とかがいてすごく迷惑です。それに仕事から帰って来て
「あぁ、もう死んじゃいたい・・・」とか
「あのクソ社長・・・いつかぶっ殺す」とか考えながら飲んでたら、
ただでさえ鬱だった気分がますます鬱になってしまいます。
精神衛生上非常に不健康です。
なので晩酌をする時は絶対に嫌な事を考えてはいけません。
純粋に「あぁ、酒が飲める幸せ」とだけ思ってその美味しい味と落ち着いた状況に酔うのです。
 
鉄則その② 飲みすぎない。
当たり前の事ですが、晩酌はあくまで嗜む程度ものです。ベロンベロンになるまで飲んで
ゲロとか吐いたら台無しになってしまいます。
大学生なんかだと飲みすぎて部屋でゲロ吐くやつとか寝ゲロするやつがたまにいますが、
そんなやつはベランダから落ちればいいんです。
吐く人にお酒を楽しむ資格はありません。作ってる人に失礼です。
なので飲む量は自分の強さを考慮して1日にこれだけって決めて飲むのが鉄則です。
すると残りあとちょびっとになった時に
「あぁ、あとこんだけになっちゃった。大事に飲もう・・・」
実に貧乏くさいですが、お酒を大切に飲む精神が養われます。
すると不思議なもので味の感じ方なんかも変わってくるのです。
 
鉄則その③ 部屋は暗くする。
これには特に意味はないのですが、
明るい部屋で飲むより暗い部屋で飲んだ方が何となくアンニュイな感じでグー。
・・・ただそれだけです。すいません。
 
鉄則その④ バスローブを着る。
これが一番大切です!
晩酌たるものカッコつけなくてはいけません。部屋に1人ぽっちででもカッコつける。
究極の自己満足です。
やってみた人にしかわからないと思いますが、これが妙に自分をいい気分にさせてくれるのです。自分の家でバスローブ・・・
それだけで無駄に優雅な気分に浸れます。
そしてここが肝心!
お酒を飲みながら鏡とか見て自分にも酔って下さい。
・・・やってる事はものすごくイタいですが、安心してください。
誰も見てませんから!
自分に酔って自分を好きになる事で明日への活力を養うのです。
ある程度ナルシストなくらいの方が人生幸せに生きられるものです。
要は誰にも見られなきゃいいのです。
 
バスローブを持ってない方はこの機会に是非 → 国産ホテル仕様バスローブ
余談ですがこの タオル工場ぷかぷか のバスローブ
バスローブフリークの僕も自信を持ってオススメします。
タオルの会社だけあって生地がふかふかでもっそい肌触りが良いのです。
ついでにこの肌触りにも酔ってみるといいかもしれません。ぷかぷかです。
 
晩酌にはバスローブ
 
騙されたと思って一度やってみて下さい。
 
絶対にハマります。
 
他にもいろいろあるんですが、徹底的に語りだすと読者の皆さんがたぶん帰ってしまうのでこのへんでやめときましょう。
 
・・・とまぁ、冒頭のなんかよくわからないお話から僕の晩酌に対する並々ならぬこだわりをず~っと語ってきたわけですが、
 
肝心の商品の宣伝するの忘れてた。
 
ええと、なんだっけ。
そうそう 酒峰加越 朱の吟 ですよ。
 
何を隠そう僕はお酒の中でも日本酒が一番好きでして、日本酒にはちょっとうるさいのです。
 
で、このお酒の何がオススメかと言いますと
辛口なのに口当たりがすごくまろやかなのです。
スーパーで売ってるような辛口のお酒というのは大抵、ただ辛口なだけで舌ざわりに優しさがありません。ですがこの 酒峰加越 朱の吟 には、辛さの中に優しさがあるのです。
言うなればツンデレです。
気が強い感じでガツーン!と接してくるかと思いきや、
やわらか~いかすかな甘みを残していく。
冷やでクィっと飲むと、特によくわかります。
 
そしてこれが晩酌にいい。
夜はウィスキーだとかワインだとか言う人もいるかもしれませんが、僕に言わせれば晩酌に洋酒だなんて邪道です。日本人ならやはり日本酒です。
 
ちなみに日本酒には飲み方があります。
一口飲んだら水を少し飲んで、また一口飲んだら水を少し飲む。
お酒と水を交互に飲むんです。
するとお酒の味や香りがより引き立ち、悪酔いもしません。お腹にも優しいです。
 
また日本酒は美容にもいいと言われます。
毎日おちょこ2~3杯くらい飲んでたらお肌が綺麗になったりするそうです。
 
つまり晩酌は、心と体の健康にとてもいいのです。
 
そして今回ご紹介した 酒峰加越 朱の吟 。この度お手ごろサイズが新発売されるとのこと。酒蔵・加越さんのページの「ちょっとだけよ」ってところで売ってます。
こちらはお値段もお手ごろです。
 
他にもいろんな種類の日本酒が売ってます。
 
酒蔵・加越

加賀の酒蔵・加越は、「加賀ノ月」「関白」などのブランドを持ち、高品質の酒蔵として全国に知られ、
酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会では過去十年間で6回の金賞を受賞し、品質の高さが実証されています。

 
だそうです。確かに過去6回の金賞は伊達じゃありません。
日本酒が好きな方は是非、覗いてってみて下さい。
そしてバスローブで晩酌を是非やってみて下さい。
きっと日頃の辛さが和らぎます。
 
あ~疲れた。明日も頑張ろうね~、ホント。
 
それでは今回はこの辺で。また来週~。
スポンサーサイト
 
 
07/27|食べたり飲んだり 掲示板CO:0TB:1TOP↑

 
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
加越酒造 酒峰加越(朱ノ吟)
大吟醸酒らしく、若い梨のような立ち香が漂う。ひとくち含むと、さあっと口中いっぱい
2009/06/15(Mon) 23:06:06 |  Old Brown Shoe
 
 
サイドメニュー
サイドメニューは押したら下にビョーンて出ます。いろいろとポチポチして遊んでみて下さい。
 

飽きないための付加価値一献
絵日記やりながらついでに稼いでみようと只今アフィリエイトに挑戦中。
 
あれこれやってみた結果、月1万以上は余裕で稼げるくらいになってきました。そこでこれまでに得た「ついでに稼ぐ」ための知識を、折角なのでブログにまとめました。
 
元々「ブログで月20万稼ぐ主婦」という雑誌の記事に触発されてアフィリエイトを始めた僕ですが、今のところさすがに20万とまでは行きませんが月2~3万はコンスタントに稼げてます。実際好きでやってるブログで月2~3万稼げるようになってきたらブログはかなり楽しくなります
 
さらに毎月ちょっとリッチな食事に行けたり、欲しいもの買えたり、生活費に微妙にゆとりがでたりと現実的なメリットも大きいです。
 
アフィリエイトタダでできるので「ついでに稼いでみよう!」という方は是非読んでみて下さい。
 
阿呆の僕でもできるくらいです。真剣にやったら誰でもできます。ただ、最初に色々調べたり覚えるのが少し面倒です。なので僕がやりながら覚えた基本的なことや、細々した知識や稼ぎ方を読めばわかるようにまとめました。
まずは月1万!アフィリエイトでしっかり稼ぐ知識が詰まってます。詳しくは「稼ブログ」で
 
こんなもん読めるか~!って方は下に「3分でわかるアフィリエイトの始め方」を載せておいたので、そっち見て下さい。
 

 
 

3分でわかるアフィリエイトの始め方。
 
 

書けば報酬のレビュー型の始め方。
 
 
 

カテゴリー別アーカイブ。

 
 

月別アーカイブ

 
 

僕について。

 
 

リンク兼アンテナ(別窓)

 
 

僕のよく使ってるサイトとお買い物リンク集。

 
 
言わずと知れた大手ショッピングポータル。
何でも売ってます。
 
 
売れてるモノがランキングでわかる。
そして買える変わったサイト
 
 
オシャレなモダンアジアン家具専門店。
個人的にかなりオススメ。
 
 
インテリアはカーテンとラグから
始まると言っても過言ではあるまい。
 
 
ここのタオルはすごくいい!
ホテル仕様のタオルがオススメ。
   
 
視覚的に購買意欲刺激系です。
こーゆーシンプルモダンデザインに弱いのです。
 
All About スタイルストア
「ココロも満たす、感情品質。」
オッサムイチオシの色々売ってるお店です。
 
 ZOZOTOWN(ゾゾタウン)
僕愛用のショッピングモールサイト。
見るのが楽しい。買うのも楽しい。
 
 
100ブランドが常時90%OFF~(ウホッ
毎日がバーゲンです。ビックリするほど安いです。
 
 
こだわり=イズム(主義)がコンセプト。
見ればその意味も納得の個性派ショップサイト。
 
 
これほどイカした靴下屋さんもあるまい。
5本指ソックスがオススメです。
 
 
みんな知ってるマツモトキヨシ。
マツキヨポイント貯まりまくり。お得だす。
 
 
みんな知ってる?イーブックオフ。
CD,DVD,ゲームソフトが105円~!
 
 
ドコモユーザーなのでよくわからんのですが
ネットで申し込むと安いそうです。
 
 ウィルコムストア
通話し放題です。二台で付き5千円。
けど買ったときしか話さない罠。。。
 
  iTunes Music Store(Japan)
音楽ダウンロードの定番。
欲しい曲はここで探せと、そして落とせと。
 
 楽天トラベル株式会社
「そうだ!京都へ行こう!」と思ったらココ。
で、僕を呼んで下さい。暇だったらご案内します。
 
 
「そうだ!京都で飲もう!」と思ったらココ。
で、僕を呼んで下さい。奢りならすぐ行きます(コラ
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。